クレジットカード買い物枠の現金化の危険性

クレジットカード買い物枠の現金化とは?クレジットカードには、アイテムやサービスを買い物し、後払いにする「買い物」のパフォーマンスと、お金を借り入れる「キャッシング」の働きがあり、各々に活用可能な価格が設定されています。

「クレジットカード買い物枠の現金化」とは、普通、アイテムやサービスを後払いするために設定されている「買い物」の活用できる枠を換金する目的で活用する事です。

換金方法には本やゲーム、バッグや貴金属、車やカードなどいろいろありそれぞれ特徴があります。
これらを網羅した情報サイトのマネサポを使えば、自分に合った現金の作り方換金方法が見つかります。

 クレジットカード法人はこれらの行為を認めていません。

必ず行わないでください。

 このところ、インターネットや新聞・雑誌等で「クレジットカードの買い物枠を現金化します」などという広告が掲載されている事があります。

 これらは、局所の専門家が当座の財源に困ったカード使用者に、買い物枠を現金化するように勧誘するものです。

★自身の目的にマッチしたプロを選択したいですよね。

 「換金目的でカードを活用する事は、「クレジットカード会員規約」に違反する行為で、カードの使用ができなくなったり、結局は自らの債務を増やす事になります。

他にも、犯罪や考えもしなかったトラブルに巻き込まれる事例もあります。

カード買い物枠の「現金化は現金」よ!!クレジットカードの買い物枠の現金化の場合クレジットカードの買い物枠の現金化のケース※印象をクリックすると、拡大挿絵が表示されます。

支出者の皆様への配慮クレジットカード企業は、換金を目的とするクレジットカードの活用を認めていません。

この事は、クレジットカード法人とカード会員との約束事である「クレジットカード会員規約」に記載されています。

さらに、クレジットカードで現行紙幣・貨幣を買い物する事は買い物枠の現金化に該当します。

このような事は、規約違反として、「残金の一括請求」、「カードの活用停止」、「カードの強制退会」等のペナルティを受ける事にもなります。

クレジットカードの買い物枠を現金化しても、カード使用した代金はクレジットカード企業に支払わなければなりません。

その場でどんだけかの現金を手に入れたとしても即時的にしのげるだけで、結局は自身の債務を増やす事になります。

クレジットカードの買い物枠を現金化する専門家に供給したカード番号や個人情報等が悪用されてしまう事があります。

★専門家をピックアップするときの着眼点として、サポートやバックアップシステムの満喫度も挙げられます。

時によっては、使用者本人が犯罪に問われる事やトラブルに巻き込まれる事もあります。

「クレジットカードの買い物枠の現金化」排除に向けた総合対策 平成22年4月1日、「クレジットカード買い物枠の現金化」への対策として、「クレジットカードの買い物枠の現金化」排除に向けた総合的対策」を整理、実施しております。

○支出者への広報・啓発活動を実施します。

○「現金化」エキスパートへ警告文を送付したり、繁華街等の立て看板撤去の要請をします。

★自らの目的に当てはめたエキスパートを選択したいですよね。

○協会算入のクレジットカード法人、国内の決済代理専門家等に対して、所属店質問をそして強化する ように要請します。

★いくつかのプロの予算を対比可能なWebページもあります。

○「現金化」に関連する苦情・話し合い等の情報供給を受け付けます。

○国際ブランド法人と協力します。

○取締当局などと連動します。

「クレジットカードの買い物枠の現金化」の問題は、クレジットカード企業、カード活用者(支出者)、提供企業、なおは行政機構など、各々が協力しつつ扱ってしなければなりません。

 このような状況の中で、「クレジットカードの買い物枠の現金化」排除に向け、係り機構と連動し、クレジットカード法人として可能な限りの扱ってを図っています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック